Herb ゆきもそら

~心 穏やかな生活を 香りと共に~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ヒメツルニチソウとツルニチソウの危険


小耳に挟んだんですが、、、


最近『ヒメツルニチソウが脳の活性化うんたらかんたらで、
ヒメツルニチソウ配合の健康食品が増えている』とな!!


えぇ~~~ 危険だってばさぁ~~~(@@;)


ツルニチソウもヒメツルニチソも同じ、キョウチクトウ科ツルニチソウ属 主成分も一緒。

ツルニチソウの成分ビンカミンは「医薬品」
ヒメツルニチソウ全草は「非医薬品」 成分ビンカミンは「医薬品」

ただし、どちらもビンカ・アルカロイドが含まれています。

このビンカ・アルカロイドには、

肝臓・腎臓及び神経の損傷などを

引き起こし、最悪、死に至るものです。


怖いんです。

薬草本とかにも掲載されてるんですが、
ちょこっと口にしたぐらいなら平気かもしれません。。。?
でも薬草となると、民間薬レベルで口にすると、ほんと危険なんですよ・゜・(ノД`)・゜・

プロが作った「健康食品だもん、大丈夫じゃない?」

私も、そのパッケージを見てないので、確かになんとも言えません。



あの類に「副作用表示」や「○○な方、飲食不可」って書かれてないことが多い!!

 気がします。。。。


米国ハーブ製品協会では、ヒメツルニチソウ → 特定の使用制限のあるハーブ としています。
低血圧の方、便秘症のかたには禁忌です。
*血圧を下げるため、降圧剤を飲んでるかや、大量・慢性摂取してるかたは、
血圧が下がりすぎるため使用禁止ともされています。

ドイツをはじめ、いろんなところで「ヒメツルニチソウの有効だといえるデータがない」とも記載されています。

また日本でも過去に医薬品として販売されたことがありましたが、有効性が確認できなく回収されたそうです。



これが「健康食品」と食品として出されると、歯止めがきかないのが現実。
食べて体を壊して、食べたほうが悪いぐらいの感じになってしまうんだ!
または
ほんの少し入ってるぐらいで、大げさに書いてボッたくることも?!


大豆・小麦なんかの食物アレルギー表示はあるけど、
たとえばレタスに「レタスアレルギーのかたはダメです」って書かれてないでしょ?
それと一緒

「脳の活性にいい」「痴呆症にいい」って書かれてても
降圧剤飲んでる人は、死んじゃうかもよ~っとは、当然&もちろん書かれてないのよね、、、

20160311-01.jpg


とsorayukiは、ハーブや薬草を勉強し始めてから、世の中恐ろしもんが普通に出回ってることに驚く日々です。

昔も書きましたが、ツルニチソウ&ヒメツルニチソウは、一般人が薬効を期待して扱えるものではありません。
もちろん私も、育ててはいますが、経口摂取等々致しません。

薬草本とか、食べれる草とか、、、の本。
怖いことがあります・゜・(ノД`)・゜・


野の草、薬草を召し上げるかたも増えてるので、
これだけネットが普及して調べることが簡単な時代。

「○○は食べれる?」「○○は体にいい?」ではなく。
「○○の毒性」で検索してみたも良いかと思います。


今日は、以上!(ヾ(´・ω・`)


今日も ご訪問 ありがとうございました



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

別窓 | 【つ】ツルニチソウ | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<沈丁花の花は萼なんだよ&剪定終わりましたか? | Herb ゆきもそら | sorayukiノート『ユズ』 *パスワード閲覧>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| Herb ゆきもそら |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。