ミントマリーゴールド うんちく


マリーゴールドの仲間の キク科マンジュギク属 ミントマリーゴールド
学名 Tagetes lucida(マンジュギクシーダ) 和名 ニオイマンジュギク

中米アステカ王国時代、麻酔作用があるとされ、
いけにえの動物に このミントマリーゴールドを食べさせ、大人しくさせた
なんて話が!

タラゴンをもう少し甘くさせたような香りで、花と葉は、スープやソースにタラゴンの代用として使ったり、
ドライをティーにしたりします
またドライにしたものは、殺虫に
花は黄色染料になります
麻酔作用とまでいきませんが、鎮静作用はあるようです
ある研究では、花からメタノールが採れるとか、遺伝子組み換えに使えるような話がありました、、、

っということで、個人的には飲食不可植物にしています
わざわざタラゴンの代用に使うような、お料理してないし(ノ∀`)

(2015.10.30 撮影)
IMG_4264.jpg

コンパニオンプランツ(センチュウやネマトーダ)
染料
そして、花後に刈り取って、駆除薬作ってみようかなぁ
実験あるのみですなぁ(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

ご訪問 ありがとうございました



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント