ノカンゾウの花


一重の一日花 ゆり科ワスレナグサ属 ノカンゾウ

花色はオレンジに限らず、黄色が強いものもあれば、赤味が強い花もあります
赤味が強いものは、ベニカンゾウとも呼ばれています

生薬名は、金針菜

咲かせちゃいましたが、生薬として使うときは蕾を採取します
蕾を乾かして、熱があるときなど、スープの具にしたりしますが
鉄分も多いというので、普段の料理に取り入れられるといいですね♪

私のようにマニアックに育てなくても 中華素材でドライにしたものが売っていますよw

若い芽はお浸しや和物に。
蕾は、そのまま天ぷらや酢の物に。
根っこは、また違ったディカルハーブとして使用されています

(2015.8.15 撮影)
20150815-14.jpg

ノカンゾウと同属のヤブカンゾウも同じように使うことができます
ユリ科キスゲ属のデイリリー(ヘメロカリス)も同じように食べることができるそうですが
品種改良の園芸品種も多いので、無理に食べなくてもいいかなぁ(^_-)-☆

ご訪問 ありがとうございました



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント