エキナケア 開花の季節


キク科ムラサキバレンギク属 エキナケア echinacea

ケキナセアの別名が、流通名として有名ですね

そして、花期が長いので、観賞用が とてもたくさん出ています

アメリカ東部の先住民が、その根を噛み砕いて、
昔から長い年月、薬用とされていたエキナケア

1番効能が高い部位は、根っこ
もちろん全草使えます

私がハーブと出会い、このようにハーブの世界に進んでいるのは
エキナケアとの出会いがあったからこそ

卵白アレルギーの私は、インフルエンザの予防接種が打てません
肺炎になり入院することもありました

結婚して出産して、子供にインフルエンザをうつしたくない!
そんな思いで、たどり着いたのがエキナケア

嘘か誠か、私には効くようです(๑•̀ㅁ•́ฅ✧

(2015.6.21撮影)
20150621-01.jpg

使用するのは、Echinacea Angustifolia

Purpurea、Pallidaの2種も使えますが、上記のアングスティフォリアが活性成分が1番強いとされています

強い薬効があります
連続して飲むと、めまい等の副作用があるとされていますので
ご注意ください

ご訪問 ありがとうございました



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。