メドーセージ(サルビア ガラニチカ)


シソ科アキギリ属 Salvia guaranitica 園芸流通名 メドーセージ

サルビア グァラニティカとも、ガラニチカとも読まれています

本来、メドーセージとは、サルビア プラテンシスのことを指すので、ハーブ専門店などでは英名にしてるところが増えてきています

サルビア グァラニティカ(ガラニチカ)は南米原産
サルビア プラテンシスはヨーロッパ原産 こちらは高さ5~70cmほどです

耐寒性も強め(-10度前後)で、地下茎から増える強健種
背丈も1.5mぐらいになるので、植え場所に気をつけたほうが良いでしょう

根が凍結しなければ越冬するので、積雪地は防寒が必要かもしれません
千葉では常緑のまま越冬することもあります

20150602-04.jpg

咲き出すと初冬まで咲き続けます♪
冬、地上部が枯れても 根が生きていれば、春に株元やあちらこしらから芽を出すかと思いますよ
我が家の状態を見ていると、植え付けた株元から四方1mから芽が出てきています

ある程度の日陰でも育ちますが、花付きが悪くなるので、やはり日当たりがよいでしょう^^

ご訪問 ありがとうございました



にほんブログ村 花ブログ ハーブ園芸へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント