バラ ザ・プリンス

ER 1990年イギリス ザ プリンスこの子も ダマスク系の香りの強いバラです秋の方が、黒味が増すような気がします。春では、光が強すぎるのかなぁ^^1人バラ祭りヾ(≧∇≦*)ノご訪問 ありがとうございましたにほんブログ村...

クラベラントセージ(サルビア クラベランディ)

シソ科サルビア属 クラベラントセージ(サルビア クラベランディ)カリフォルニア原産のセージ枝が暴れ、1m四方に伸びますが、爽やかな香りが、、、私は大好きヾ(≧∇≦*)ノ切花やドライフラワーにして楽しんでください♪クラベンラトセージのドライポプリ&サシェなどクラフト用に どうぞ♪御用命があれば、ご用意させていただきますm(_ _)m ご訪問 ありがとうございましたにほんブログ村...

ホタルブクロ

キキョウ科ホタルブクロ属 ホタルブクロ釣鐘型の花が可愛いですねよ♪うちの近所の道端には、白色が咲いています^^実は種を狙っているんですが、なかなかタイミングが合わなくて(笑)花色は、赤紫、白、紫色があるようですが関東は赤紫、関西は白色が多いらしいですゲンノショウコも 関東と関西で、花色が異なるので、面白いですね♪運良く、ホタルが釣鐘の中に入ったら どんな風になるのかなぁ(^_-)-☆近縁種のカンパニュラは...

ラムズイヤー 梅雨の時期は気をつけて!

シソ科イヌゴマ属 ラムズイヤー lamb's ears学名/Stachys byzantina学名のStachys(スタキス)は、ギリシア語で『穂』という意味日本は大正初期に渡来したと言われています全草がビロードのような もふもふで、人気がありますね♪5/185/29さぁ このラムズイヤーさん、「溶けてなくなる」と、ご相談されることがあります。乾燥気味が好きな子なので、梅雨の長雨、湿気。夏の蒸し暑さ。積雪地での多湿で、株が腐ってしまいます(´;...

ウツボグサ

シソ科ウツボグサ属 ウツボグサこちらの学名はPrunelia vulgaris subsp.asiaticaちなみにセルフヒールはこちらをご覧下さい ウツボグサとセルフヒールの写真をアップしてありますウツボグサは、真夏に花が枯れたように褐色に変わって、地上部を摘み取り、乾かしたものを夏枯草(かごそう)といいます5/255/29    5/29    セルフヒールは、ヨーロッパなどで確率してるようですがウツボグサは、アジアで多くの変種がありま...

セルフヒール(西洋ウツボグサ) ウツボグサと比べてみましょう?

シソ科ウツボグサ属 self heal セルフヒール和名/西洋ウツボグサ学名/Prunelia vulgarisセルフヒール~自然治癒の名の通り、ヨーロッパでは古くから切り傷などの止血に使われていました。ウツボグサとは、ちょっとだけ効能が違いますセルフヒールも 白やピンクの花色、ラージセルフヒールなど大型のものもあります【こちらがセルフヒール】【こちらがウツボグサ】比べて見ても よくわかりませんよね(; ^ω^)基本的に、セルフ...

クレマチス 【篭口】

インテグリフォリア系 篭口国バラで見て、その愛らしさが記憶の片隅に園芸店で見つけたときに 連れて帰ってきましたもうすぐ 開きそう(((o(*゚▽゚*)o)))ご訪問 ありがとうございましたにほんブログ村...

山紫陽花【藍姫】

園芸店で、その姿が愛らしくて、おもわず お連れ帰り山紫陽花は初めてなので、上手く育てられるでしょうか(*´∀`*)頑張ります♪ご訪問 ありがとうございましたにほんブログ村...

暑くて赤くなったブラックティー/バラゾウムシの季節です

以前も書きましたが、陽のあたる場所に植えてあるのでブラックティーが、赤バラに(´Д`;)これはこれで綺麗なのですが、あの茶系の深みのある お色目がみたいかなぁそして、とうとう バラゾウムシの季節がやってきました!!イントゥリーグの蕾が、パックリ折れてます(;;)あいつら(言葉使い悪いですがw) 人の気配で、ポロっと下に落ちていくので捕殺するのに 食品トレーを蕾の下に受け皿にして捕殺していますでも でも...

バラ エンジェルフェイス

フロリバンダ  エンジェルフェイス花びらが波打ち その香りで、人を魅了するエンジェルでしょうか(^_-)-☆樹高は1mほどの横張りなので、花壇手前にもってくるか植木鉢でも良いかもしれませんね♪   1人バラ祭り開催中でも 今年はピークが早い><、ご訪問 ありがとうございましたにほんブログ村...