センニチコウのドライ

花(苞葉)の色が千日経っても変わらないということから名付けられたヒユ科 センニチコウ属 センニチコウ日本では、五穀豊穣祈願のお祭りに飾られ、ネパールでは、ヒンドゥー教の宗教儀式に不可欠な花です(周りにネパールの方や、ヒンドゥー教のかたがいらっしゃったら 大事に扱ってあげてくださいネ)マレーシアでは、若い芽は野菜として扱われ中国では、全草を薬用(咳どめ)に用いられているそうですたしかに 中国のお茶 ...